「関西フィルハーモニー管弦楽団」タグアーカイブ

異色のピアニスト登場 藤岡幸夫&関西フィル「Meet the Classic」[2017/8/10]

クラシック音楽を生活の一部として楽しんでほしい……関西フィルハーモニー管弦楽団の「Meet the Classic」は指揮者藤岡幸夫のこんな願いから生まれたシリーズです。芸術性豊かな音楽を「お客様とのコミュニケーション」を掲げてお届けします。

35回目は、8月10日(木)19時、大阪・いずみホール。(株)パナソニックの役員にしてジャズピアニストでもある小川理子を迎えてのバッハ「ピアノ協奏曲第1番」と、大阪府箕面市出身、新進気鋭の作曲家林そよかが弦楽器と打楽器のために書く新作の世界初演が話題。後半はチャイコフスキーの交響曲第6番「悲愴」をたっぷりお聴きください。 続きを読む 異色のピアニスト登場 藤岡幸夫&関西フィル「Meet the Classic」[2017/8/10]

関西フィルの黒北さんに聞く、オーケストラの仕事とは?

大阪アーツカウンシルでは3/27夜、関西フィルハーモニー管弦楽団(以下、関西フィル)事務局の黒北奈津子さんを「あつかん談話室」のゲストにお招きし、オーケストラの舞台裏についてお話を聞きました。
続きを読む 関西フィルの黒北さんに聞く、オーケストラの仕事とは?

あつかん談話室 次回は3月24日金曜日の夜に開催します

こんにちは。大阪アーツカウンシルの佐藤千晴です。
2017年から「あつかん談話室」という名前で、小さなサロンを実験的に開催しています。
第3回目は3月24日午後7時。「アートのお仕事シリーズ」第一弾として、ゲストに関西フィルハーモニー管弦楽団事務局の黒北奈津子さんをお招きします。音楽家出身ではない黒北さんがなぜオーケストラで働くようになったのか、事務局の仕事の裏話、オーケストラの楽しみ方などをQ&A方式でお聞きします。オーケストラを愛してやまない黒北さんの話を聞けば、きっとコンサートに行きたくなりますよ。
アートの仕事を生業としている人、生業とすることを考えている人、なんとなく関心のある人、ぜひ遊びに来てください!
続きを読む あつかん談話室 次回は3月24日金曜日の夜に開催します

大阪だから実現 今年も「4大オーケストラの饗演」

 大阪の四つのオーケストラがフェスティバルホールに再び集結します。4月24日に開かれる「大阪4大オーケストラの饗演」は、大阪フィルハーモニー交響楽団関西フィルハーモニー管弦楽団大阪交響楽団日本センチュリー交響楽団が個性あふれる演奏をぶつけ合う、お祭り感たっぷりのコンサート。「大阪国際フェスティバル」の目玉企画として昨年初めて開催され、大きな反響を呼びました。
続きを読む 大阪だから実現 今年も「4大オーケストラの饗演」