キッズ・ミート・アート2017 めぐる〈自然〉・つたわる〈技〉[2017/8/26〜8/27]

大阪市天王寺区のお寺・應典院と大蓮寺、パドマ幼稚園を舞台に、音楽、造形、ダンスや書道など、15プログラムが同時開催されるアートフェスティバル。

親子で参加、子どもだけで参加、おとなだけで参加ももちろん大歓迎です。

続きを読む キッズ・ミート・アート2017 めぐる〈自然〉・つたわる〈技〉[2017/8/26〜8/27]

演劇集団よろずや第27回本公演「紙屋町さくらホテル」

「今を懸命に生きる」人々を、やさしく熱い目線で描いた井上ひさし氏の名作に、演劇集団よろずやが初挑戦。

あらすじ:
終戦直後の東京。戦犯が勾留されている巣鴨プリズンに元海軍大将の男が自首してくる。「自分はA級戦犯だ」と主張する男に、お引き取りを願うため応対するGHQで働いている元陸軍軍人。二人は終戦直前の広島ですでに出会っていた。

7か月前の昭和20年5月「紙屋町さくらホテル」。

移動演劇さくら隊の丸山定男と園井恵子は、ホテルとは名ばかりの木造宿泊施設でホテルの女主人や言語学者、特高刑事まで巻き込んで広島宝塚大劇場で「無法松の一生」を上演するため、稽古の真っ最中だった。

日程:2017年8月18日(金)〜21日(月)
18日(金)19:30
19日(土)①13:00 ②16:00 ③19:30
20日(日)①13:00 ②17:00
21日(月)①13:00 ②17:00
※受付開始は開演の1時間前、開場は開演の30分前

会場:トリイホール

チケット:
前売3,500円/当日4,000円
大学生以下2,000円※要証明

チケット取扱い:
〇演劇集団よろずや
WEB
yorozuya.ticket@gmail.com
※ご予約の際、お名前(ふりがな)・日時・枚数・券種・メールアドレスを明記

出演:斉藤幸恵 竹田朋子 寺田夢酔 大津尚之 鈴木愛里沙 赤穂神惟 山口晴菜
上田泰三(Mouse Piece-ree) 河口仁(シアターシンクタンク万化)

スタッフ:
作=井上ひさし/演出=寺田夢酔/舞台監督=ニシノトシヒロ(BS-Ⅱ)/照明=追上真弓(株式会社karamelli)/音響=河合宣彦/衣裳部=斉藤幸恵・山口晴菜/小道具部=赤穂神惟/広報部=大津尚之・山口晴菜/撮影=井上信治(三等フランソワーズ)/宣伝美術=宣伝美術家TOM/演出助手=山口晴菜/制作部=鈴木愛里沙/制作協力=尾崎雅久(尾崎商店)/協力=イズム・MC企画・尾崎商店・株式会社karamelli・三等フランソワーズ・シアターシンクタンク万化・BS-Ⅱ・MousePiece-ree
協賛=シャイン株式会社
企画・製作=演劇集団よろずや

お問い合わせ:演劇集団よろずや
yorozuya.ticket@gmail.com

アクセス:大阪市中央区千日前1-7-11 上方ビル4F
〇地下鉄御堂筋線・千日前線「なんば」駅
〇地下鉄千日前線・堺筋線「日本橋」駅
〇近鉄阪神なんば線・難波線「大阪難波」駅
〇近鉄難波線「近鉄日本橋」駅
〇南海本線「難波」駅
〇JR関西本線「JR難波」駅
各駅下車、なんばウォークB20出口より徒歩2分。

あつかん談話室 8/25金曜夜。テーマは「ソーシャルメディアの活用」

こんにちは。大阪アーツカウンシルの佐藤千晴です。2017年から「あつかん談話室」という名前で、小さなサロンを実験的に開催しています。

「あつかん談話室」第8回は8月25日(金)19時から、大阪府立江之子島文化芸術創造センター(enoco)4階ライブラリーで「ソーシャルメディアの活用」をテーマに開催します。話題提供はフリーの編集者・ライターで、大阪アーツカウンシルのアーツマネージャーとしても活動する狩野哲也です。
続きを読む あつかん談話室 8/25金曜夜。テーマは「ソーシャルメディアの活用」

大阪シンフォニック クヮイア演奏会  ハイドン「天地創造」[2017/8/6]

関西の名だたるオーケストラと共演し、クラシックの大曲・名曲を演奏し続けている合唱団「大阪シンフォニック クヮイア」。今年は8月6日、ザ・シンフォニーホールでフランツ・ヨーゼフ・ハイドンのオラトリオ「天地創造」を取り上げる。指揮は湯浅卓雄、管弦楽は京都市交響楽団。
ハイドンの作品群の中でも晩年の集大成の曲として位置づけられるこの曲を230人の大合唱で歌い上げる。 続きを読む 大阪シンフォニック クヮイア演奏会  ハイドン「天地創造」[2017/8/6]

「うっかり者」を聴こう! 日本センチュリー交響楽団「ハイドンマラソン」[2017/8/11]

「交響曲の父」ハイドンが遺した全104曲を8年がかりですべて演奏しようという壮大なマラソンも3年目。今年度2回目は8月11日、いずみホール。中期の3曲を取り上げます。 続きを読む 「うっかり者」を聴こう! 日本センチュリー交響楽団「ハイドンマラソン」[2017/8/11]

異色のピアニスト登場 藤岡幸夫&関西フィル「Meet the Classic」[2017/8/10]

クラシック音楽を生活の一部として楽しんでほしい……関西フィルハーモニー管弦楽団の「Meet the Classic」は指揮者藤岡幸夫のこんな願いから生まれたシリーズです。芸術性豊かな音楽を「お客様とのコミュニケーション」を掲げてお届けします。

35回目は、8月10日(木)19時、大阪・いずみホール。(株)パナソニックの役員にしてジャズピアニストでもある小川理子を迎えてのバッハ「ピアノ協奏曲第1番」と、大阪府箕面市出身、新進気鋭の作曲家林そよかが弦楽器と打楽器のために書く新作の世界初演が話題。後半はチャイコフスキーの交響曲第6番「悲愴」をたっぷりお聴きください。 続きを読む 異色のピアニスト登場 藤岡幸夫&関西フィル「Meet the Classic」[2017/8/10]

上方西洋古典演奏会シリーズ2017夏「テレマン祭り」[2017/8/15]

2003年から西洋古楽器による小演奏会を開催してきた「そう楽舎」が8月15日にテレマン没後250年を記念した演奏会「テレマン祭り」を開催する。

テレマンは後期バロック音楽を代表する作曲家で、作曲数は4,000ともいわれ、クラシック音楽の分野で最も多くの曲を作ったとしてギネス世界記録に認定されている。

今回は古楽器(楽曲が作曲された時代の様式をもつ楽器)を用いての演奏会と、本公演に先立って古楽器と現代楽器の違いやテレマンの魅力について知ることができるワークショップや公開リハーサルなどのイベントも開催する。

続きを読む 上方西洋古典演奏会シリーズ2017夏「テレマン祭り」[2017/8/15]

第三回 あべの歌舞伎「晴の会」『東海道四谷怪談』[2017/8/3〜8/6]

松竹・上方歌舞伎塾、第一期生の片岡松十郎、片岡千壽、片岡千次郎の3人が2015年夏に結成した「晴の会」。2016年には佑次郎、りき彌も参加し、上方歌舞伎の発展を目指す。この夏、上演するのは4代目鶴屋南北(つるやなんぼく)の代表作「東海道四谷怪談」。 続きを読む 第三回 あべの歌舞伎「晴の会」『東海道四谷怪談』[2017/8/3〜8/6]

こぐれ塾第6回「寝盗られ宗介」[2017/7/29〜30]

劇団☆新感線」所属の俳優・演出家のこぐれ修が主催する「こぐれ塾」が、2015年に上演して大好評だったつかこうへい作品「寝盗られ宗介」を再演する。
変わった性癖のために、女房を他の男と駆け落ちさせるドサ回り一座の座長と劇団員たちの姿を描いた人情喜劇。
7月29、30日、天王寺・近鉄アート館。

続きを読む こぐれ塾第6回「寝盗られ宗介」[2017/7/29〜30]

原爆をテーマにオラトリオ『鳥の歌』/平和願うコンサート「八月の祈り」[2017/08/01]

平和への願いを音楽に託してきた作曲家尾上和彦のオラトリオ「鳥の歌」を上演するアニュアルコンサート「八月の祈り」。32回目は2017年8月1日(火)18時半、大阪市中央公会堂中集会室で。 続きを読む 原爆をテーマにオラトリオ『鳥の歌』/平和願うコンサート「八月の祈り」[2017/08/01]