DIVEプロデュース 大阪シアターフェスティバル「演劇EXPO2018」[2018/2/5〜18]

大阪で公演活動を行っている舞台表現者たちによって設立されたNPO法人大阪現代舞台芸術協会(DIVE)が、大阪市内全体を“劇場”とした大阪シアターフェスティバル「演劇EXPO2018」を2月5日〜18日に開催する。
「まち×恋×物語」をテーマに、平成29年度文化庁芸術祭新人賞を受賞した作家 横山拓也の「流れんな」を樋口ミユが演出するメイン企画、近畿2府4県外で活動する劇作家と大阪の演出家のコラボ企画「あんたの戯曲を上演させてくれへん?」、そして居酒屋などの場所で文学作品を俳優たちが朗読するリーディング企画の3つが期間中に実施される。

続きを読む DIVEプロデュース 大阪シアターフェスティバル「演劇EXPO2018」[2018/2/5〜18]

「咲くやこの花賞」に続き直木賞 作家の門井慶喜さん

大阪市が新進アーティストに贈る「咲くやこの花賞」を平成28(2016)年度に受賞した作家の門井慶喜(かどい・よしのぶ)さんが、2018年1月16日に発表された第158回直木賞に輝きました。おめでとうございます。
http://www.bunshun.co.jp/shinkoukai/award/naoki/
続きを読む 「咲くやこの花賞」に続き直木賞 作家の門井慶喜さん

関西ジャズ協会 第9回「THE JAZZ」ニューイヤーコンサート[2018/01/31]

第9回「THE JAZZ」は、ジャズの歴史を作ってきたJAZZ GIANTSに捧げるジャズヒストリーとして企画。関西選りすぐりのミュージシャンによって、素晴らしい演奏お楽しみいただきます。特筆すべきは第2部2番目に出演するアゼリアジャズオーケストラ(AJO)。全国でおそらく唯一といっていい、公共ホールを拠点とするプロのジャズオーケストラです。 続きを読む 関西ジャズ協会 第9回「THE JAZZ」ニューイヤーコンサート[2018/01/31]

伊勢志賀山流 第33回舞初め[2018/01/21]

元禄年間に喜多流の能楽師が志賀山流を名乗り、振付師となりました。一時期衰えましたが、江戸歌舞伎役者の仲村仲蔵が衰退を惜しみ、後ろ盾となり再び栄えるようになりました。 続きを読む 伊勢志賀山流 第33回舞初め[2018/01/21]

ゴーダ企画「Every day is a new beginning」[2018/1/19〜20]

京都を拠点に活動するパフォーマンスグループ「ゴーダ企画」が、日本を代表するアーティストグループ「Dump Type」や高橋匡太作品のパフォーマーとして活躍してきた前田英一を演出に迎え、新作を2018年1月19、20日にクリエイティブセンター大阪で上演する。
作品タイトルの『Everyday is a new beginning』は、世界的ファッションデザイナー ポール・スミス氏が東日本大震災の直後に日本へ届けた言葉。

そのポジティブなメッセージから本作を着想し、終末を迎える未来の世界から人類が創造してきたもの、あるいは創造力そのものの素晴らしさを、時空を超えて見つめる意欲作となっている。


撮影=金サジ

続きを読む ゴーダ企画「Every day is a new beginning」[2018/1/19〜20]

うんなま「search and destroy」[2018/01/26,27]

2011年に大阪大学の学生劇団「劇団ちゃうかちゃわん」を核に結成、阪神間の学生劇団OBOGを中心として活動する「うんなま」。最新作『search and destroy』は、現代を生きる我々にぼんやりと漂い続ける不安を、演劇で舞台上に愛しくも可笑しく現存させ、前を向いて生きるための娯楽として共有することを目指す。演じるのは20代の役者14人。劇団初の大阪・東京2都市公演。 続きを読む うんなま「search and destroy」[2018/01/26,27]

関西芸術座「十二夜-Twelfth Night-」[2018/01/19-21]

1957年に創立し、60年の歴史に支えられた関西の劇団「関西芸術座」。劇団員は10代から90代まで在籍し、レパートリーは大人から中高生や児童を対象としたものまで幅広く、公演も全国に展開している。今回はシェイクスピア原作の喜劇「十二夜」を勇来佳加の脚色で上演する。演出は松本昇三。 続きを読む 関西芸術座「十二夜-Twelfth Night-」[2018/01/19-21]

日本テレマン協会 第247回定期演奏会「モーツァルト 協奏交響曲」[2018/01/16]

日本テレマン協会が「中之島をウィーンに!」を合言葉に、中之島からの文化発信を掲げたシリーズの4公演目。2018年1月16日の第247回定期演奏会でW.A.モーツァルト作曲「協奏交響曲」などを取り上げる。会場は大阪市中央公会堂中集会室。 続きを読む 日本テレマン協会 第247回定期演奏会「モーツァルト 協奏交響曲」[2018/01/16]

大阪フィル、善竹隆司さん、銀瓶さん、染雀さんが優秀賞  平成29年度文化庁芸術祭

平成29年度(第72回)文化祭芸術祭賞が決まりました。大阪を活動拠点とするアーティストは、狂言師善竹隆司さん、大阪フィルハーモニー交響楽団、落語家笑福亭銀瓶さん、桂染雀さんが優秀賞に選ばれました。

舞台芸術は平成29年10月2日(月)から11月10日(金)の期間に,関東・関西で行われた演劇41件,音楽42件,舞踊34件,大衆芸能57件の参加公演の中から部門ごとに関東・関西に分けて審査されました。 続きを読む 大阪フィル、善竹隆司さん、銀瓶さん、染雀さんが優秀賞  平成29年度文化庁芸術祭

大槻能楽堂自主公演能 新春能[2018/01/03,04]

大槻能楽堂で1月3、4日に「新春能」が開催されます。
吉例の「翁」では御神体たる翁が平和と繁栄の祈りをささげ、「三番叟」では五穀豊穣を祈ります。大槻文蔵、梅若玄祥、野村万作ら東西の名人が集結した豪華な顔ぶれで、新しい年を寿(ことほ)ぎます。

続きを読む 大槻能楽堂自主公演能 新春能[2018/01/03,04]