大阪市芸術活動振興事業助成金 事例報告会[アーカイブ編]

日時:平成30(2018)年1024日(19時~21時(開場18時45分)

場所:メビック扇町(大阪市北区扇町2-1-7 カンテレ扇町スクエア3F)地下鉄堺筋線「扇町」駅 2号出口すぐ/JR環状線「天満」駅 西へ徒歩約3分

アーカイブとは英語で記録保管所の意味ですが、広義には、記録されたデータへのアクセシビリティや、誰の・何のために記録を残すのか、過去の記録物が「公共の遺産である」ことへの認識などに関わる課題を内包する、芸術文化の分野において、議論が重ねられている概念です。

平成27(2015)年より大阪市芸術活動振興助成金では「アーカイブ制作」も助成対象としてきました。この中間報告会では、本年度アーカイブ制作の助成を受けている2団体の活動経過を紹介するとともに、専門的コメントも行い、今後の芸術文化活動の参考となることを目的とします。

[報告1] 維新派アーカイブス            

〇報告者:清水翼(カンカラ社)

[報告2] 国登録有形文化財山本能楽堂所蔵の能楽資料のアーカイブ制作・第3期

〇報告者:山本佳誌枝

 

〇聞き手:小暮宣雄(大阪アーツカウンシル委員・京都橘大学教授)

〇コメント:古後奈緒子、権田康行、志村聖子、山中俊広、吉田隆之(大阪アーツカウンシル委員)

〇司会進行:中西美穂(大阪アーツカウンシル統括責任者)

定員:80名 (入場無料)

申込:メールbjto-osaka@city.osaka.lg.jpにて参加者氏名・人数を明記の上申し込みください。

※報告会開催前(18時~18時45分)に、大阪市芸術活動振興事業助成金の申請を検討されている方を対象に、個別相談会を実施します。*申込時に相談希望である旨をあわせて記載ください。1組10分程度・最大10組。【予約優先】

主催:大阪市  企画:大阪アーツカウンシル

問合せ:大阪市経済戦略局文化部文化課  電話06-6469-5177 FAX06-6469-3897

 

 

平成30年度下期分 大阪市芸術文化振興事業助成金 対象事業の募集について

(平成30年度下期分)大阪市芸術文化振興事業助成金 対象事業の募集が始まっています。
助成対象期間:平成30年10月1日~平成31年3月31日
募集期間:平成30年6月27日~7月27日

詳しくは下記URLより、ご覧ください。
http://www.city.osaka.lg.jp/keizaisenryaku/page/0000180795.html

平成30年度大阪府市補助金事業採択について

平成30年度 大阪府芸術文化振興補助金について
http://www.pref.osaka.lg.jp/bunka/news/geibunhojo.html

平成30年度 輝け!子どもパフォーマー事業補助金について
http://www.pref.osaka.lg.jp/bunka/news/kodomo_p.html

平成30年度 大阪市芸術活動振興事業について
http://www.city.osaka.lg.jp/keizaisenryaku/page/0000180795.html

大阪アーツカウンシルが5年間で「戦略としてやらなかったこと」「やりたかったけれどできなかったこと」

2018年3月18日、あつかん談話室特別編「大阪アーツカウンシルのこれまでとこれから」がグランフロント大阪の大阪ガス都市魅力研究室で行われました。 続きを読む 大阪アーツカウンシルが5年間で「戦略としてやらなかったこと」「やりたかったけれどできなかったこと」

げきだんS-演s?第2回公演 「怪シイ来客簿」[2018/3/9〜11]

大阪・野江にあるアトリエS-paceの劇場つき劇団として2017年4月に発足した「げきだんS-演s?」の第2回公演。
関西演劇界を牽引するA級MissingLinkの土橋淳志を演出家として招き、故・大竹野正典の隠れた名作「怪シイ来客簿」を上演する。

続きを読む げきだんS-演s?第2回公演 「怪シイ来客簿」[2018/3/9〜11]

きっかけは女子会! 向平美希さんが語る伝統芸能の魅力

大阪アーツカウンシルでは2018年1月26日、一般社団法人関西伝統芸能女流振興会の代表理事である向平美希さんを「あつかん談話室」のゲストに迎え、子供歌舞伎や伝統芸能の世界についてお話を聞きました。若手の「伝統芸能女子」たちが伝えたい、その魅力とは? 続きを読む きっかけは女子会! 向平美希さんが語る伝統芸能の魅力

大阪劇団協議会フェスティバル 45周年記念合同公演「築地にひびく銅鑼」[2018/3/8〜3/11]

大阪府下に活動拠点のある新劇系の劇団で結成されている大阪劇団協議会によるプロデュース公演。
1973年から毎年「大阪劇団協議会フェスティバル」を開催し、2017年度で45回となる。
今回は、小劇場演劇で活躍するキタモトマサヤ(劇団「遊劇体」)を演出家として招き、新劇の名優・丸山定夫の生涯を描いた「築地にひびく銅鑼」を上演する。

続きを読む 大阪劇団協議会フェスティバル 45周年記念合同公演「築地にひびく銅鑼」[2018/3/8〜3/11]