うんなま「search and destroy」[2018/01/26,27]

2011年に大阪大学の学生劇団「劇団ちゃうかちゃわん」を核に結成、阪神間の学生劇団OBOGを中心として活動する「うんなま」。最新作『search and destroy』は、現代を生きる我々にぼんやりと漂い続ける不安を、演劇で舞台上に愛しくも可笑しく現存させ、前を向いて生きるための娯楽として共有することを目指す。演じるのは20代の役者14人。劇団初の大阪・東京2都市公演。 続きを読む うんなま「search and destroy」[2018/01/26,27]

関西芸術座「十二夜-Twelfth Night-」[2018/01/19-21]

1957年に創立し、60年の歴史に支えられた関西の劇団「関西芸術座」。劇団員は10代から90代まで在籍し、レパートリーは大人から中高生や児童を対象としたものまで幅広く、公演も全国に展開している。今回はシェイクスピア原作の喜劇「十二夜」を勇来佳加の脚色で上演する。演出は松本昇三。 続きを読む 関西芸術座「十二夜-Twelfth Night-」[2018/01/19-21]

日本テレマン協会 第247回定期演奏会「モーツァルト 協奏交響曲」[2018/01/16]

日本テレマン協会が「中之島をウィーンに!」を合言葉に、中之島からの文化発信を掲げたシリーズの4公演目。2018年1月16日の第247回定期演奏会でW.A.モーツァルト作曲「協奏交響曲」などを取り上げる。会場は大阪市中央公会堂中集会室。 続きを読む 日本テレマン協会 第247回定期演奏会「モーツァルト 協奏交響曲」[2018/01/16]

大阪フィル、善竹隆司さん、銀瓶さん、染雀さんが優秀賞  平成29年度文化庁芸術祭

平成29年度(第72回)文化祭芸術祭賞が決まりました。大阪を活動拠点とするアーティストは、狂言師善竹隆司さん、大阪フィルハーモニー交響楽団、落語家笑福亭銀瓶さん、桂染雀さんが優秀賞に選ばれました。

舞台芸術は平成29年10月2日(月)から11月10日(金)の期間に,関東・関西で行われた演劇41件,音楽42件,舞踊34件,大衆芸能57件の参加公演の中から部門ごとに関東・関西に分けて審査されました。 続きを読む 大阪フィル、善竹隆司さん、銀瓶さん、染雀さんが優秀賞  平成29年度文化庁芸術祭

大槻能楽堂自主公演能 新春能[2018/01/03,04]

大槻能楽堂で1月3、4日に「新春能」が開催されます。
吉例の「翁」では御神体たる翁が平和と繁栄の祈りをささげ、「三番叟」では五穀豊穣を祈ります。大槻文蔵、梅若玄祥、野村万作ら東西の名人が集結した豪華な顔ぶれで、新しい年を寿(ことほ)ぎます。

続きを読む 大槻能楽堂自主公演能 新春能[2018/01/03,04]

移動レストラン「ア・ラ・カルト Live Show 2017」[2017/12/29-30]

クリスマスの季節、レストランを舞台にお店のスタッフや訪れたお客たちが繰り広げる料理やワインや恋のお話を、とびっきりのお芝居と生演奏でつづる音楽劇「ア・ラ・カルト」。1989年の初演からのオリジナルメンバーは吉澤耕一(演出)、高泉淳子(台本・出演)、中西俊博(音楽監督・バイオリン演奏)の3人。 続きを読む 移動レストラン「ア・ラ・カルト Live Show 2017」[2017/12/29-30]

フリーペーパー「カルチャーポケット C/P」2003年07・08月号

フリーペーパー「カルチャーポケット C/P」2003年07月・08月号の表紙に記載された特集はarchive / アーカイブ。埼玉にNHKアーカイブスという施設がオープンし、映像アーカイブについて考える特集となっています。16ページ立てです。 続きを読む フリーペーパー「カルチャーポケット C/P」2003年07・08月号

フリーペーパー「カルチャーポケット C/P」2001年05・06月号

「カルチャーポケット」2001年05月・06月号の表紙に記載された特集は響 hibiki / field for Electro-Acoustic music。日本とスペインを代表する二人の現代音楽家を招いて大阪市立芸術創造館でリサイタルが開催された際のレポートです。16ページ立てです。 続きを読む フリーペーパー「カルチャーポケット C/P」2001年05・06月号