「国際交流」タグアーカイブ

大阪ミナミの誇り! 人形浄瑠璃 文楽がつなぐフィリピンでの物語 報告会[2017/10/30]

この夏、人形遣いの吉田簑紫郎さんら文楽の若手技芸員がフィリピン・ルソン島のビノカワン小学校を訪問、子どもたちにデモンストレーションとワークショップで文楽を紹介しました。大阪市芸術活動振興事業助成金の特別助成事業です。

その報告会が2017年10月30日(月)18:30から大阪・ミナミのTORII HALLで開かれます。簑紫郎さん、主催した大阪ミナミ国際文化交流委員会の鳥居弘昌事務局長がスライドを交えて現地の様子を報告します。

大阪ミナミ国際文化交流委員会は国立文楽劇場に近いエリアの自治会、商店街連合会などで構成し、ミナミの文化を広く世界に発信・交流することを通じてミナミの活性化を目指しています。

地区にある大阪市立南小学校は海外にルーツを持つ児童が4割を占めます。2012年にはフィリピン人母子の無理心中がありました。
この事件をきっかけにミナミ文化交流委はピノカワン小と交流を始め、今年8月に文楽のフィリピン訪問が実現しました。

日時:2017年10月30日(月)18:30

会場:TORII HALL

料金:2,000円

予約・問合せ:TORII HALL
TEL06-6211-2506

【会場アクセス】
大阪市中央区千日前1-7-11 上方ビル4階
地下鉄「なんば」駅・「日本橋」駅
近鉄・阪神「大阪難波」駅、南海「難波」駅下車
地下街「なんばウォーク」B20出口より徒歩2分

アーティストやアートマネージャーが見た、タイのコミュニティアートの現場とは? 報告会レポート

大阪府立江之子島文化芸術創造センター(通称enoco)で4/22に公開報告会「日本から見たタイのコミュニティアートのいま~Japan/Thai D-jung(ディーチャン) Exchange Project 2017 公開報告会~」が開かれました。

この報告会は、2017年2月24日から3月12日まで、関西を拠点に活動する2組のアーティスト/アートマネージャーが、タイに滞在して子どもを中心としたワークショップを展開、その成果をバンコクで行われたコミュニティアートフェスティバルにて発表した内容についての報告です。

登壇者は子どもたちがアートに触れて体感する芸術体験プログラム「タチョナ」代表の小島剛さん、編集者の岩淵拓郎さん、奈良市のコミュニティアートセンター「たんぽぽの家」の鈴村のどかさん、音楽家の西村彰洋さん、北海道教育大学准教授で通訳担当の岩澤孝子さん、大阪市立大学教授で監修担当の中川真さんという顔ぶれ。会場には14名の参加者が集まりました。
続きを読む アーティストやアートマネージャーが見た、タイのコミュニティアートの現場とは? 報告会レポート