「ダンス」タグアーカイブ

ゴーダ企画「Every day is a new beginning」[2018/1/19〜20]

京都を拠点に活動するパフォーマンスグループ「ゴーダ企画」が、日本を代表するアーティストグループ「Dump Type」や高橋匡太作品のパフォーマーとして活躍してきた前田英一を演出に迎え、新作を2018年1月19、20日にクリエイティブセンター大阪で上演する。
作品タイトルの『Everyday is a new beginning』は、世界的ファッションデザイナー ポール・スミス氏が東日本大震災の直後に日本へ届けた言葉。

そのポジティブなメッセージから本作を着想し、終末を迎える未来の世界から人類が創造してきたもの、あるいは創造力そのものの素晴らしさを、時空を超えて見つめる意欲作となっている。


撮影=金サジ

続きを読む ゴーダ企画「Every day is a new beginning」[2018/1/19〜20]

N-Trance Fish 20th Exhibition 「その翼、制御不能。」[2017/12/15〜18]

ダンサー・コレオグファーである尾沢奈津子が1988年に旗揚げしたN-Trance Fish
「人間の内面を表現するダンサー」たちと、異なるジャンルのパフォーマーや各技術スタッフとのコラボレーションで、従来のダンス公演の枠組みを超越したダンスエンタテインメントを展開している。

続きを読む N-Trance Fish 20th Exhibition 「その翼、制御不能。」[2017/12/15〜18]

「猿とモルターレ」アーカイブ・プロジェクト in 大阪 [2017/10/27〜28]

震災という出来事から、私たちは何を・どのように継承していくのか?

ダンサーの砂連尾理(じゃれお・おさむ)が東日本大震災を経験した人々との交流を通じて創作したパフォーマンス作品『猿とモルターレ』。
巡演地ごとに市民とのワークショップによって創作され、北九州、仙台、そして2017年3月には大阪府茨木市の市民総合センターで上演されました。
今回のアーカイブ・プロジェクトでは、この作品が舞台芸術として試みたことや、協働した追手門学院高校演劇部や市民ワークショップ参加者、観客と共有した体験を異なる表現メディアで記録、アーカイブし、震災の記憶の継承の在り方を検証する会を開催します。

続きを読む 「猿とモルターレ」アーカイブ・プロジェクト in 大阪 [2017/10/27〜28]

ABCホール開館9周年記念 中之島春の文化祭2017

20分1回限り×15組×2日間
ジャンル問わずの文化祭!

朝日放送が日頃の感謝を1つのお祭りにして早くも9回目。演劇・ダンス・コント・マイム・漫才・浪曲ほか分類不能なパフォーマンスが盛りだくさん! ホール外、青空の下のウッドデッキステージには心地よい音楽を届けるミュージシャンや、素敵な軽食&ドリンクのお店も大集合する。
続きを読む ABCホール開館9周年記念 中之島春の文化祭2017