「ウイングフィールド」タグアーカイブ

プロジェクトKUTO-10 第17回公演「財団法人親父倶楽部」〜死んだと思って生きてみる〜 [2018/03/07-12]

1989年、劇団大阪太陽族(現:劇団●太陽族)に所属していた役者工藤俊作が、劇団本公演の合間に自らのプロデュースで作品作りを始めたことがきっかけで結成された集団。毎回、作・演出・出演・スタッフ全てのメンバーを変えながら、様々なスタイルの芝居を提示することで幅広い客層の開拓に挑んできた。第17回は後藤ひろひと(Piper)の作・演出で、余命わずかと宣告された50代の男3人の物語。 続きを読む プロジェクトKUTO-10 第17回公演「財団法人親父倶楽部」〜死んだと思って生きてみる〜 [2018/03/07-12]

南船北馬『さらば、わがまち』[2018/3/2〜3/4]

大阪を拠点に活動する作家・演出家の棚瀬美幸が主宰する演劇ユニット「南船北馬」による新作公演。「何らかの社会的マイノリティーである人々」と共に創作し、日常の裏に潜む社会の冷酷さや差別意識、人間の生の儚さと弱さを、何気ない生活の断片から描く。
これまでも出演者の経歴や体験を織り込んだ作品を、シニア世代や子育て中の母親たちを公募して共同製作し、高く評価されている。

続きを読む 南船北馬『さらば、わがまち』[2018/3/2〜3/4]

DIVEプロデュース 大阪シアターフェスティバル「演劇EXPO2018」[2018/2/5〜18]

大阪で公演活動を行っている舞台表現者たちによって設立されたNPO法人大阪現代舞台芸術協会(DIVE)が、大阪市内全体を“劇場”とした大阪シアターフェスティバル「演劇EXPO2018」を2月5日〜18日に開催する。
「まち×恋×物語」をテーマに、平成29年度文化庁芸術祭新人賞を受賞した作家 横山拓也の「流れんな」を樋口ミユが演出するメイン企画、近畿2府4県外で活動する劇作家と大阪の演出家のコラボ企画「あんたの戯曲を上演させてくれへん?」、そして居酒屋などの場所で文学作品を俳優たちが朗読するリーディング企画の3つが期間中に実施される。

続きを読む DIVEプロデュース 大阪シアターフェスティバル「演劇EXPO2018」[2018/2/5〜18]

うんなま「search and destroy」[2018/01/26,27]

2011年に大阪大学の学生劇団「劇団ちゃうかちゃわん」を核に結成、阪神間の学生劇団OBOGを中心として活動する「うんなま」。最新作『search and destroy』は、現代を生きる我々にぼんやりと漂い続ける不安を、演劇で舞台上に愛しくも可笑しく現存させ、前を向いて生きるための娯楽として共有することを目指す。演じるのは20代の役者14人。劇団初の大阪・東京2都市公演。 続きを読む うんなま「search and destroy」[2018/01/26,27]

遊劇体#61「のたり、のたり、」[2017/11/23〜26]

2014年に46才の若さで亡くなった劇作家 深津篤史の「のたり、のたり、」を遊劇体が上演する。
本作は、初めて深津と遊劇体主宰の演出家キタモトマサヤがタッグを組んで、1998年にアトリエ劇研にて上演した作品。
今回は、戯曲集に収められた決定稿ではなく、初演台本で、初演とは全く異なる新演出での上演となる。

続きを読む 遊劇体#61「のたり、のたり、」[2017/11/23〜26]

玉造小劇店  わ芝居〜その壱「カラサワギ」[2017/10/7〜10/15]

古典と小劇場演劇がセッションする玉造小劇店の新シリーズ「わ芝居」の第1作は、思い切り楽しめるエンタメ時代劇『カラサワギ』。
この新シリーズは、座長わがきゑふと2005年に他界した落語家の桂吉朝師匠が「古典の人を集めて面白いことをしよう!」と温めていた企画で、わかぎがその意思を引き継いで立ち上げた。
今回は、小劇場の俳優が本格的な衣裳や鬘を着用して時代劇として上演する芝居バージョンと、同じ話を落語に書き換えで噺家が上演する落語バージョンの二つを展開する。

続きを読む 玉造小劇店  わ芝居〜その壱「カラサワギ」[2017/10/7〜10/15]

万博設計「駱駝の骨壷」[2017/9/29~10/1]

1年ぶりの万博設計新作本公演は、落語「らくだ」を下敷きにした、現代的密室劇。
大阪のまちにひっそりと貧しく暮らす夫婦が、子どもの死をきっかけにこれからのお葬式の形や死生観について考える物語。作・演出は橋本匡市、9/29〜10/1、大阪・ウイングフィールド。

続きを読む 万博設計「駱駝の骨壷」[2017/9/29~10/1]

下鴨車窓「渇いた蜃気楼 “a parched mirage”」[2017/7/7〜7/9]

京都を拠点に活動する現代演劇ユニット「下鴨車窓」がレパートリー作品「渇いた蜃気楼」を大阪で初めて上演する。
2014年の初演から3年、9都市10会場を巡演し、高い評価を得ている本作は、現代日本のある地方都市を舞台に、淡々としたリアルな描写の中にも歪んだ不条理性を滲ませる酷暑の男女三人の物語。
続きを読む 下鴨車窓「渇いた蜃気楼 “a parched mirage”」[2017/7/7〜7/9]

dracom 祭典「空腹者の弁」[2017/6/9〜11]

作・演出家筒井潤が主宰する大阪の「公演芸術集団」dracom(ドラカン)が、1997年に初演したコメディーを再演する。初演時は、あまりのわけの分からなさに途中で帰ってしまった観客がいたという逸話が残る。
会場のウイングフィールドは、劇場となる前は小屋主の福本年雄さんが暮らしていた空間。今回はその間取りを再現してのサイトスペシフィックな上演を目指す。大阪の小劇場文化を支えて25周年を迎えたウイングフィールドへのオマージュともなる。

続きを読む dracom 祭典「空腹者の弁」[2017/6/9〜11]

虚空旅団「飛ぶ夢、アルベルト・キシュカについての短いお話」

旗揚げから25年目を迎える虚空旅団。観客の気持ちを濾過し、生活にやさしく送り返すお芝居を目指し活動を続けている。
続きを読む 虚空旅団「飛ぶ夢、アルベルト・キシュカについての短いお話」