「ニュース」カテゴリーアーカイブ

あつかん談話室 8/25金曜夜。テーマは「ソーシャルメディアの活用」

こんにちは。大阪アーツカウンシルの佐藤千晴です。2017年から「あつかん談話室」という名前で、小さなサロンを実験的に開催しています。

「あつかん談話室」第8回は8月25日(金)19時から、大阪府立江之子島文化芸術創造センター(enoco)4階ライブラリーで「ソーシャルメディアの活用」をテーマに開催します。話題提供はフリーの編集者・ライターで、大阪アーツカウンシルのアーツマネージャーとしても活動する狩野哲也です。
続きを読む あつかん談話室 8/25金曜夜。テーマは「ソーシャルメディアの活用」

あつかん談話室 7/28金曜夜〈ゲスト〉古川知可子さん(ピッコロシアター)

こんにちは。大阪アーツカウンシルの佐藤千晴です。2017年から「あつかん談話室」という名前で、小さなサロンを実験的に開催しています。

第7回目は7月28日金曜日午後7時。テーマは「演劇に音声ガイドを!〜新しい観客と出会うシアター・アクセシビリティ〜」です。

今回のゲストは兵庫県尼崎市にある劇場「ピッコロシアター」の古川知可子さんをお招きし、ピッコロシアターが取り組まれている視覚障碍者のための音声付きガイド公演についてお話ししていただきます。
続きを読む あつかん談話室 7/28金曜夜〈ゲスト〉古川知可子さん(ピッコロシアター)

ソーシャル・デザインが学べる連続講座「enocoの学校」(申し込み締め切りは7/31)

「enocoの学校」 が5期生を募集中です。

enoco(大阪府立江之子島文化芸術創造センター)では2013年から講座「enocoの学校」を開催しています。既成概念にとらわれない自由で柔軟、かつ創造性豊かな発想や思考を学び、社会課題に取り組む人を育てるプログラムです。 続きを読む ソーシャル・デザインが学べる連続講座「enocoの学校」(申し込み締め切りは7/31)

大阪クラシック2017は9月10日(日)開幕

初秋の大阪名物「大阪クラシック」。12回目となる今年は9月10日(日)〜16日(土)に開かれます。
中之島・御堂筋エリアを中心に大阪市内34会場で計81公演。うち59公演が入場無料です。
大阪フィルハーモニー交響楽団、関西フィルハーモニー管弦楽団、大阪交響楽団、日本センチュリー交響楽団とOsaka Shion Wind Orchestraが出演し、オーケストラ、室内楽など様々なスタイルのクラシックを気軽にお楽しみいただけます。

9月10日のオープニングは来年100周年を迎える大阪市中央公会堂で大植英次さん指揮の大阪フィルによる「展覧会の絵」。
16日のフィナーレは恒例のフェスティバルホールで大植&大フィルのチャイコフスキー「交響曲第5番」です。

特別企画として、9月14日(木)夜に大阪能楽会館で、能楽師大槻裕一さんと大阪フィルメンバーの弦楽四重奏が共演する「クラシック&能」なども。

有料公演のチケット発売は7月29日(土)です。

詳細は公式ウェブサイトまたは大阪市の報道発表ページで。

大阪市芸術活動振興事業助成金 平成29年度下期(7/31締め切りました)

 大阪市内で芸術活動を行う団体・個人を対象に、経費の一部を助成する大阪市芸術活動振興事業助成金の平成29年度下期分の募集が7月3日に始まりました。締切は7月31日(木)です。

 今回の募集は一般助成(上限20万円)のみで、対象は平成29年10月1日(日)から平成30年3月31日(土)までに開催される公演や展示などです。

 詳細は大阪市のウェブサイトをご覧下さい。
 http://www.city.osaka.lg.jp/keizaisenryaku/page/0000180795.html
 

平成29年度「芸術文化魅力育成プロジェクト」募集要項を発表 大阪府・市

大阪アーツカウンシルの提言から生まれた「芸術文化魅力育成プロジェクト」(主催=大阪府・大阪市)の募集要項が6月30日に発表されました。応募締め切りは7月28日。

このプロジェクトは大阪の魅力的な文化資源を磨いて発信すること、芸術文化の担い手となるプロデューサーを育てることを目標に、平成27年度にスタートしました。

3年目となる今年は、大阪の地域性・固有性をテーマにした表現を見せる「鑑賞プログラム」と、若手プロデューサーが学び、交流できる場をつくる「人材育成プログラム」を組み合わせて提案し、企画・運営する事業者を公募します。

7月13日(木)午後2時〜3時、大阪市役所で説明会を開催します。

詳細は大阪府または大阪市のウェブサイトをご覧下さい。

大阪府
 http://www.pref.osaka.lg.jp/bunka/miryoku_h29/index.html

大阪市
 http://www.city.osaka.lg.jp/keizaisenryaku/page/0000402870.html

☆写真は平成28年度芸術文化魅力育成プロジェクト「ONPS」から。和太鼓とストリートダンスが共演した「Neo Classic」
 

7人の男女の激しくも静かな日常 三好大貴プロデュース Building303​「水の泡」[2017/7/7〜10]

役者として劇団Patchの本公演、外部舞台、映像などさまざまな作品と関わってきた三好大貴が「劇団や誰かに頼らず自分から演劇を生み出していきたい」と思い立ち、2016年2月にスタートした自主プロデュース企画[Building]。発展途上である三好が、身の回りで経験した命に関する実話を元に、誰もが経験するかもしれない日常を演劇作品として立ち上げる。

第3作目となる「水の泡」は、作演出にタカイアキフミ(アマサヒカエメ)を迎え、田舎町の海岸沿いに暮らす7人の男女の激しくも静かな日常を題材とした現代を生きる自分たちからみた「今」を圧倒的リアリズムに乗せて描く。

キャスト/
三好大貴(劇団Patch)
大塚由祈子
吉本考志(劇団Patch)
新本千尋
生島璃空(近畿大学舞台芸術)
佐々木ヤス子
福谷圭祐(匿名劇壇)

スタッフ/
作・演出/タカイアキフミ
美術/稲田美智子
照明/山口星(NEXT・lighting)
音楽/三好大貴(劇団Patch)
音響/近松祐貴(オリジナルテンポ)
舞台監督/今井康平(CQ)
演出助手/福島直季(かまとと小町)
映像収録/竹崎博人(Flat Box)
チラシデザイン/北村美沙子(DRIVE)
宣伝写真/中才知弥(Studio Cheer)
制作協力/竹内桃子
制作/笠原希(ライトアイ)
企画製作/三好大貴 タカイアキフミ

日時/
2017年
7月7日(金)19:30-
7月8日(土)13:00- / 18:00-
7月9日(日)13:00- / 18:00-
7月10日(月)14:00-
※開演1時間前受付開始、開演の30分前開場

料金/
3,800円 <全席指定>

​チケット購入・予約方法/
■事前入金制
チケット代金は事前に指定の口座にお振込みください。​
・CoRich  https://ticket.corich.jp/apply/82467/ 
        ※お支払いは銀行振込のみ   
・演劇パス http://engeki.jp/pass/events/detail/234
        ※お支払いはクレジットカードのみ

​■当日精算制
チケット代金は当日受付にてお支払いください。

・CoRich   https://ticket.corich.jp/apply/82467/
・ライトアイ 06-6647-8243(11時~19時)

会場/
BLACK CHAMBER
大阪市住之江区北加賀屋4-1-55 名村造船跡地 
TEL:06-4702-7085
大阪市営地下鉄四つ橋線 北加賀屋駅4番出口より徒歩10分

あつかん談話室 6/23金曜夜。テーマは「これまでのenoco、これからのenoco」

こんにちは。大阪アーツカウンシルの佐藤千晴です。2017年から「あつかん談話室」という名前で、小さなサロンを実験的に開催しています。

第6回目は6月23日金曜日午後7時。テーマは「これまでのenoco、これからのenoco」です。
続きを読む あつかん談話室 6/23金曜夜。テーマは「これまでのenoco、これからのenoco」

平成29年度の大阪府芸術文化振興補助金と輝け!子どもパフォーマー事業補助金の交付先が公開されました。

平成29年度の大阪府芸術文化振興補助金と輝け!子どもパフォーマー事業補助金の交付先が公開されました。
続きを読む 平成29年度の大阪府芸術文化振興補助金と輝け!子どもパフォーマー事業補助金の交付先が公開されました。