弦巻楽団「サウンズ・オブ・サイレンシーズ」[2017/9/19〜9/20]

劇作家・演出家の弦巻啓太が主宰する札幌の劇団「弦巻楽団」の大阪公演。北海道外でも今、最も注目の存在だ。
日本演出者協会主催若手演出家コンクール2014の最優秀賞受賞記念公演として2016年3月に東京で上演した「サウンズ・オブ・サイレンシーズ」を上演する。


あらすじ:
長い闘病生活を送った母を見送った姉妹・つばめとつぐみ。
母の介護を続けてきた姉のつばめは40歳を目前に未だ独身、妹のつぐみは仕事先と家を往復しているだけに見える姉を心配し、恋人・渉(わたる)の職場の先輩・集(つどう)とのお見合いを計画する。
つぐみと渉の思惑通りに交際を始めたつばめと集。しかし、集の決意のプロポースをつばめは断ってしまう。
どうしてつばめはプロポーズを断ったのか、理由を探っていく中で、言葉には出せない4人の思いが浮かび上がる。
4人の登場人物が交わす、本音と建前の揺らぎ。
「声にならない言葉」によって追い詰められていく人間たち。
「声にならない言葉」を想像し、慮ることでかえって事態は窮屈になっていく…。
思いやりと気づかいの間で押しつぶされる、 現代人のコミュニケーションを題材にした悲喜劇。

日程:2017年9月19日(火)・20日(水)
9月19日(火)19:30
9月20日(水)19:30
※開場・受付開始は開演の30分前

会場:インディペンデントシアター1st

チケット:
一般 前売2,500円/当日2,800円
学生 前売1,500円/当日1,800円

チケット取扱:
https://www.quartet-online.net/ticket/sos_osaka

作・演出:弦巻啓太

出演:深浦佑太(ディリバレー・ダイバーズ)、温水元(満天飯店)、塩谷舞、成田愛花(劇団ひまわり)

スタッフ:
舞台監督=上田知 照明=山本雄飛
演出助手=相馬日奈 小道具=木村愛香音 制作=小室明子(ラボチ)

主催:一般社団法人 劇団弦巻楽団

お問い合わせ:
弦巻楽団 
TEL=090-2872-9209
tsurumakigakudan@yahoo.co.jp

アクセス:大阪市浪速区日本橋5-12-4
〇大阪市営地下鉄堺筋線「恵美須町」駅下車、1B西出口より左(南)へ徒歩すぐ