「Osaka Creative Archipelago」タグアーカイブ

ネット時代の「いい場」とは? 大阪でトーク[2017/11/18]

インターネットで様々な情報が行き交う時代に、リアルな「場」が持つ可能性とは?
Osaka Creative Archipelago(芸術文化魅力育成プロジェクト2017)の一環としてトーク「いい〝場〟の作り方」が11月18日、大阪・北加賀屋のクリエイティブセンター大阪で開催されました。ゲストに個性派書店として知られる「BOOK MARÜTE」(高松)の小笠原哲也さん、「ON READING」(名古屋)の黒田義隆さんを迎え、カルチャースポットとしての「店」の可能性を語り合いました。 続きを読む ネット時代の「いい場」とは? 大阪でトーク[2017/11/18]

相談会とトーク「アートの助成金をもっと知ろう」[2017/12/10]

アートのための助成金について、もっとよく知り、考えるためのトーク&個別相談会「アートの助成金をもっと知ろう」が2017年12月10日13時から大阪・淀屋橋の芝川ビル4階モダンテラスで開かれます。大阪の魅力的な文化発信と若手プロデューサー育成を目指す大阪府・市主催の事業「Osaka Creative Archipelago」(オオサカ・クリエイティブ・アーキペラゴ)の一環。

大阪府、大阪市、おおさか創造千島財団、アートサポート関西、HAPS(東山アーティスト・プレイスメントサービス=京都市)の5団体が相談ブースを出展。過去に助成金を活用して活動した団体やアーティストが体験を語り合う三つのトークセッションもあります。

入場無料。定員100人、要申し込み。

詳細はOsaka Creative Archipelagoウェブサイトをご覧下さい。

問合せは企画・運営の一般財団法人おおさか創造千島財団(TEL06-6681-7806 月〜金9:30〜17:30)へ。

大阪の創造拠点をつなぐ試み 芸術文化魅力育成プロジェクト2017「オオサカ・クリエイティブ・アーキペラゴ」

大阪府、大阪市共催「芸術文化魅力育成プロジェクト」は大阪の未来を担う芸術文化の若手プロデューサー育成と、大阪の優れた芸術文化の発掘、発見、発信を目指す事業です。3年目の今年は公募で選ばれた一般財団法人おおさか創造千島財団がクリエイティブ・ディレクター加藤種男さんを総合プロデューサーに「オオサカ・クリエイティブ・アーキペラゴ」を運営します。10月25日、全体の概要を発表する記者会見が大阪市中央公会堂で行われました。 続きを読む 大阪の創造拠点をつなぐ試み 芸術文化魅力育成プロジェクト2017「オオサカ・クリエイティブ・アーキペラゴ」