大阪アーツカウンシルとは

大阪アーツカウンシルは、大阪の文化行政を推進する新たな仕組みとして平成25(2013)年にスタートした芸術文化の専門家グループです。三つの機能「評価・審査」「調査」「企画」を通して、文化政策の専門性、透明性、公平性を確保することをミッションとしています。

組織体制

大阪府市文化振興会議・大阪アーツカウンシル

部会長【統括責任者】
中西 美穂 | フリーアートプロデューサー

部会委員
古後 奈緒子 | 大阪大学文学研究科 准教授
權田 康行  | 演劇プロデューサー
志村 聖子  | 相愛大学 音楽学部 准教授
山中 俊広  | インディペンデントキュレーター
𠮷田 隆之  | 大阪市立大学創造都市研究科 准教授

アーツマネージャー
内山 幸子  | フリーアートコーディネーター
狩野 哲也  | フリーライター、編集者
重田 龍佑  | 大阪市立芸術創造館館長
古谷 晃一郎 | フリーアートコーディネーター
前田 瑠佳  | 演劇コーディネーター
松本 京子  | 音楽プロデューサー

組織図

 

[平成30年度の活動方針]

1.「評価・審査」

〇大阪府市における各文化施策のプログラム評価 対象:40事業(府16事業、市24事業)

〇大阪府市補助金申請にかかる審査及び視察

・大阪府「芸術文化振興補助金」「輝け!子どもパフォーマー事業補助金」約60件

・大阪市「大阪市芸術活動振興助成金(一般、特別)」約190件

 

2.「調査」

〇大阪の文化に関する基礎調査やアーティストのニーズの把握等の調査実施

 

3.「企画」

〇「大阪で活動する芸術文化の担い手サポートの現場支援につながる企画」及び「芸術文化を生かした社会課題への対応に係る新たな施策につながる企画」の提案